読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  少年・青年マンガ >  にゃんにゃこタイガース(アオイホノオ 第九話感想)

にゃんにゃこタイガース(アオイホノオ 第九話感想)

「大阪人はタイガースを出せば何でもいいのか!?」

 そんなこたあ、ない。
 だけど「より広く共有できるネタ」ではあるかもしれない。私はほとんど分からないけど。
 @大阪府民より。





 10巻の表紙って、まさに今回の庵野ウルトラ(第二弾)撮影現場ですよね?
 やだなあ、3巻で購入ストップしているのに以下続刊を買いたくて仕方ないよ……

 だってね……
 最初の読み切り3エピソードだったかな? あれをリアルタイムでヤンサン読んだ時は、こんな長編になるなんてまったく思っていなかったんだもんね!!

 MADホーリィって濃いなあ(笑)。
 マンガでも濃いけど実写だともっと濃いなあ。
 いつか読んだゲッサンでは「ベタが足りないな」とMADホ-リィアドバイスしたら、ホノオ君がバカ正直に「ベタ(黒塗り)が足りないのか!!」などと衝撃を受けてる話があったけど……
 あれは普通に「ベタさ加減が足りない」という意味ですよね……??

 ところで今月号のゲッサンでは、岡田母と岡田息子の間で「斗司夫ちゃん、庵野くんと赤井くんは絶対手離したらあかんで!!」「お母ちゃん!!」というすんごい見開きページがございました……
 恐ろしい親子(笑)。
 まあ、あっという間に借金が返せたらそうなるわな……

 そう言えば赤井くんって、私の持っている1~3巻ではあんまり目立つ存在じゃなくて、実はドラマ見て初めて正体を知ったという(笑)。
 3巻までは「後の~である」という説明セリフもなかったような……

 マンガ1話の「ショッカーの基地はどこだ!?」というマジキチ庵野に首絞められてるのって、あれが赤井くんだったんだねえ。ドラマ赤井が可愛すぎるので、マンガ赤井に違和感を持ってしまった(笑)。
 仮にも、原作を先に知っている読者にこんなこと思わせるなんて恐るべし。

 あ~、私もカンパンをぼりぼり食べてみたい。
 1999年に核戦争は起こらなかったし終末も来なかったけど(どちらかと言うと21世紀に入った911の方が終末的であった)、湾岸戦争があったりしたし、地球のどこかでは常に戦いが続いてるよね。
 二次元の中だけなら、こんなに素晴らしいことはないのに。

 原作では、この大根……じゃないダイコンアニメ制作期間中に「庵野が風呂入らなさ過ぎる」という話があった気がする。風呂に半年入らないって、とてもじゃないけど信じられない。
 忙しいから風呂に入るヒマがないっていう問題じゃないと思う……
 まあ、本人はそれでいいんだろうけど周囲はちょっと迷惑かもしれませんよ……

 ところで!
 矢野さんが最近出てこないよ!
 寂しいよ!

 次回も楽しみだけど、引きが引きだっただけにちょっとつらいかも……
 原作通りなら、ホノオのあのアニメは……




漫画・コミック ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年09月17日 17:37 ] カテゴリ:少年・青年マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
カウンター