読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  少年・青年マンガ >  ありがとう(アオイホノオ 最終回感想)

ありがとう(アオイホノオ 最終回感想)

 庵野がすべて持っていったドラマではあったが、しかしやはり主人公はホノオ君なのだった。

 まさか、つながるとは思っていなかったよ!!
 ちゃんと読んだことはないけど(むしろアレを元ネタにしたパロディーをよく見かけたものだった)、あのヘッドギアは強烈ですもんね……







 庵野~!! 全部持っていきやがって!!
 私はエヴァ見たことないし(最終回だけ見て『主人公の自我が最終回で生まれたのか?』と解釈した)、正直なところ庵野作品への関心は薄いんだけど。
 どちらかと言うと、私はイクニ派なので(笑)。

 最後のサインおねだりが実話かどうかは分からないけど、もうフィクションでも美化でも誇張でも構わないよ!
 青春群像劇として、私は楽しんだよ!
 感動をありがとう。

 このドラマで唯一の不満は、エンディングクレジット文字が異様に小さいということだけでした。
 絵も小さいし!
(あと、キャストクレジットに役名がないのも何気に不親切です……)

 島本先生は演技うまいな……
 岡田手塚はかなり無理やりだったけど、まあ仕方ないか。
 オチは知っていたけど、山賀やっぱりどうかしてる。
 アニメのことは何も知らなくても、手塚治虫の名前すら知らないなんてどうかしてる!!


 関東の最終回の日だったか、これ見てびっくり!
 これ、すごいぞ!









漫画・コミック ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年10月01日 22:22 ] カテゴリ:少年・青年マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター