読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  アニメ >  ユリダーク(ユリ熊嵐 #3 透明な嵐)

ユリダーク(ユリ熊嵐 #3 透明な嵐)

「空気を読めない=悪」

 あいたたたたたた……
 痛い痛い痛いなあ。
 没個性が正義? 純花も紅羽も、目立って「空気を読めない」ような所業はしておらず、むしろヒッソリ誰にも構われず二人でいただけなのに、それが空気を読んでいないってことになるのか?

 これはもう見たまんまイジメ、村八分という解釈でいいのかな?
 Let's Seach Evil!





 この、実に醜悪で陰湿な「排除の儀」とやらのことを、教師は知ってるの?
(ピングドラムのこどもブロイラーよりは分かりやすい)

 以前行われた時は、純花が一位だったってことですよね?

 3話目にしてもう、るるが薄幸というか報われなさそうな健気オーラを発してきたぞ。銀子が紅羽に執着する理由を知っているのか、知らないのか。
「紅羽、きっとすごくおいしいんだよね」と言うからには、るる自身には紅羽への思い入れはなさそう。
 銀子が追うからついてきてるだけ?

 ユリダーク♪
 何が耳に残るのかって、「ユリダーク」ではなくメロディーが「ユリダ・ア・ク」という感じで流れるからなんだろうか。笑ってしまうよね。







漫画・コミック ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015年01月21日 23:30 ] カテゴリ:アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター