読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  少女マンガ >  ポーの一族「春の夢」 Vol.1

ポーの一族「春の夢」 Vol.1

 エドガーだ……



flowers201607-1.jpg







 萩尾&山岸対談に、別冊に「訪問者」!
「湖畔にて」は初めて読んだけど、マンガ形式じゃないのがちょっと残念。




flowers201607-2.jpg


flowers201607-3.jpg



 私は、作家が誰であろうと過去の作品の続編とか次世代編には否定的な読者です。
 そうは言っても、決定的に致命傷を負ったことはないけれど。
(本当に好きな作品でそういう事態になったことはない)

 しかしだな。
 萩尾望都がポーの新作を描く、なんて言われちゃあ平伏すしかないのだよ。
 私は成人後に24年組の名作を読んだクチなので、リアルタイムでの思い入れがないっていうのも大きいかもしれませんね。……というか、やっぱり作品のレベルが違うんだと思うんだよなあ……
 そもそも時系列が入り乱れるポーなので、40年ぶりの新作といってもあまり違和感がない。

 これだけ名作で、萩尾さんもずっと第一線で、絵柄の変化は私ぜんぜん気にならないし(好きになった時にはもうポーの絵は過去の絵柄だったからね)、新作が読めるだけで、再会できるだけで感慨無量っていうか。

 思い入れはあっても、もしこれが違う作品だったら……まあ、一例を挙げれば「いるかちゃんヨロシク」とか、そんなことになったりしたら私は絶叫して阿鼻叫喚の否定しまくりで、二次創作もキッパリやめてしまうでしょうね。

 絵が変わったのがまず、決定的に受け入れられない。(萩尾さんとは違う)
 今さら掘り返さないで、やめてくれって思う。(萩尾さんとは違う)
 今さら、世知辛い大人の現実に生きるキャラクターなんて見たくない。

 そういうハードルを軽やかに越えてしまうエドガーとアラン。
 自分でも不思議でなりませんが、やはり、作品の次元が(そこらへんの少女マンガとは)桁違いに高いから、としか言いようがないんだな。

 なので、萩尾さんほどの大御所であっても恐らく、「今さらやめてくれ」という読者は一定数存在すると思われます。これはもう、作者が誰であっても避けられない宿命なのでしょう。
 読者は読者で、それぞれ自分の中で消化して昇華するもので、これは作者にすら止められないことなんだ。「作品が作者の手を離れる」っていうのはそういう感覚のような気がします。

 まあ、楽しんだ方の勝ちってことで、今回だけは私は100%素直に喜んでいます。

 さて、「春の夢」というタイトルなのに次回が今冬って……
 その頃ってマルゴも再開しているはずだけど、もしかしてマルゴが終わってポーという順番なら冬は冬でも来年に近いんじゃないかなあ……?
 焦らされるなあ。

 シューベルトと言えばイアンがよく歌っていたな。

 次回というか今回の新作で私が気になるのは、やはり、
「回想でメリーベルが登場するかどうか」……これに尽きます。

 今の絵のメリーベル。見たいのは見たい。
 マージョリーがもうちょっと柔和になった顔つきで、服はフリフリヒラヒラとか……?

 あと男爵夫妻とか老ハンナも見たいけど、てんこもりは無理だろうね。
 そりゃあできるならオズワルドも見たいよ。ユーシスも見たいよ……
 キリアンもオービンさんも見たいよ……

 読者的には、正しいポーの続編って恐らく「小鳥の巣」の続きのことだと思うんですよ。
 続きというか……キリアンのその後の人生。
 彼の血から多分、女性の吸血鬼が発生するはずなんだよね……
 あのラストシーンのことを考えればさ……

 それを見たいと言うのはあまりに贅沢なんだろうけど、回収されていない伏線はやっぱり気になるじゃないですか。当時の萩尾さんには考えがあったからああいう〆になったとしか思えないしさ。

 でも、テオが再登場した時にはまだそんな気配もなく。

 絵の違いなんてほとんどどうでもよくなるほど、(私の場合は)物語そのものに惹かれている。

 今回のことには否定派も多いんだろうし、私も作家や作品が違えば完全(過去作の続編)否定派なので、嫌だという気持ちはもう本当によく分かるんです。
 分かるけど、ポーの場合はやはり、物語そのものを読みたい欲望の方が勝る。








 


関連記事
スポンサーサイト
[ 2016年05月28日 17:23 ] カテゴリ:少女マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
カウンター