読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  FSS(永野護) >  エルディアイ・ツバンツヒついに登場(NT 2013年7月号)

エルディアイ・ツバンツヒついに登場(NT 2013年7月号)

 出たよー、出た出た、月が出たー。
 セーラームーンだけに!!

「君たち二人の花壇にはどんな花が咲くのでしょうね……それを、見てみたいな」
 ベリンとトリハロンを見つめていた「謎の女」がFSS本編に登場しました。

 星団に知られている名前はストーイ・ワーナー博士。
 SSIクバルカン、現在は「マークⅢリッタージェット 破烈の人形」として知られるMHあるいはGTMの製作者。
 その正体はシステム・カリギュラの重合人間、エルディアイ・ツバンツヒ。
 のちにミラージュ入りをして、通称を「スペック」という騎士の正体でもあります。



 マイト大集合ということで(FSS感想については、私がすっかり馴染んでしまうまでは新単語と旧単語が入り乱れます。すみません)、深刻な問題はエストではなくアウクソー。

 カイエン以外の騎士を求めなくなってしまい、ファティマとしての本能が崩壊している状態。
 見た目は元気だし、笑ってさえいるし、日常生活に支障はないみたい……
 でも、壊れている。ファティマとしては価値がなくなってしまっている彼女。

 彼女は星団初の4ファティマの一人「フォーカスライト」でもあり、現在はアウクソーとして存在している訳ですが、恐らく再構築されて「アウクソー」として生育中、バランシェから勘当されたっていう理由がよく分からない……どういうことなんだろうか?
 モラードさんは「育児放棄だ」とか言ってたけど、その理由は??

 それにしても……ハイト君は本当に本当に、気の毒なぐらい弱いんだなあ。
 彼に限って言えば「実は……」というオチはないね。
 紛うことなく、ファティマから認識されないほどに弱いんだろう。
(一般人よりは凄いんだろうけど)

 だからこそ、今月号でツバンツヒが「何だこいつ 何でこんなに弱いんだ」的リアクションをしたのが興味深い。彼をいじったりする伏線なのだろうか?

 バーシャであった時の記憶を、エストは忘れているというのは至極当然なプログラムだと思います……
 出会った騎士全員を漏れなく黒騎士には出来ないもの。
 見込みがある騎士を育てても、それはエストとしての行動ではないからなあ。

 桜子の反応って、エストとヨーンが今さらどうにもならないと分かっているからこそ(マイトとして)、ヨーンが受けるであろうショックを哀れんでいるのか……

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年06月08日 02:04 ] カテゴリ:FSS(永野護) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター