読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  FSS(永野護) >  ショウメ・タワーの正体(NT 2013年9月号)

ショウメ・タワーの正体(NT 2013年9月号)

 今月号は、冒頭から在りし日のヤーボが登場。
 時系列としてはトラフィックス1前のことで、Aトール持ってカステポーへ赴く前のこと……

 回想シーンなのに「Aトール・コブラ」が「バーガ・ハリ・コブラ」になっていたり、コンコードがアシリアだったりで、そういう部分はちょっと寂しいなあと思いました。



 ハスハ王宮に赴任しているラーン最高神官ヘアード(この時は地球年齢で言うと20代そこそこらしい)のいちばん大切な仕事は、ボォスが「茜の星」と言われていた頃、偉大な詩女が蒔いた種から芽吹いた花々を育てること……
 GTMを見た者しか分からない、この情報の小出し感がたまらない。
「偉大な詩女様、ベリン・ラーン」と言わないあたりが小憎らしい(笑)。
 
 ムグミカがヤーボに伝えた「五つの星の物語」のことを聞いて、なぜヤーボに詩女の予言が……? と訝しがるヘアード。それは来るべき未来に、ヤーボが剣聖カイエンの子供――アトール女皇帝――を生むということをムグミカが予知していたからなのか?

 そして、その予言の言葉をラキシスから直に聞いた本人、モラード博士。
 ムグミカにもその場のラキシスの予言が伝わっていたという。
 それが人間のエゴであろうと、人間の記憶を伝えるものは、「人でないもの」ではあってはならない……自分たちの知る人間であってほしいと願うムグミカ。

 そうして、モラードに託されたのはタワーの製作。

 ここがちょっと今のところよく分からない。ファティマが人間の記憶を引き継ぐのが認められないのなら、タワーだって人外のはず……?
……と思ったんですが、先月号のことを考えたらちょっと分かった気がする。
 ムグミカが見た悪夢の中で――ナインが入り込んだクラウン宇宙で――人類は「光」となっていた。記憶は残っていても、人の形をしていなかった。
 そんな未来を認めたくない――ということなんだと思う、ムグミカの言葉は。

 あくまでも人の形をとどめていてほしい、だから(本当は人間ではない)ファティマに希望を託したんでしょう。中身はどうあれ、彼女たちは人間の形をしているから。
 そして人間よりはるかに長命で、セントリー・ブラウブリッツ=サンダードラゴンの命の水で生み出したタワーは、カイゼリンと共にはるかな未来まで天照につきあい、希望(カレン)見る……ってところでしょうか?

 タワーの正体。
 それは、サンダードラゴンの幼生「ショウメ」そのもの……?
 命の水を使って生み出された、人でなくファティマでもない生物。

 要するに、タワー=ドラゴン(セントリー)だと単純に思っててもいいのかな?
 今月号ではそうとしか思えなかったんだけど。
 
 一方、プロムナード3が開幕。
 アイシャ似の美少女ちゃあが、まさかの180cm(!)JKですって。
 ルミナスフィルターがあればキルスティン=桜子の方が背が高いはずなんだけど、FSS本編では身長が逆転しているとのこと。これじゃあルミナス編なんて何も信じられないじゃないか(笑)。

 じゃあ、ルミナス編でプリンスが、すでに180cmもあるちゃあに「まだまだ背は伸びるよ」とか言ったってこと? 何じゃそりゃ? 

 そう言えば、FSS本編では「桜子先輩」「バインツェル先輩」と、ルミナス学園での呼び名からしっかり変わっているのに対して、ちゃあだけは本編に戻っても「ちゃあ」なのね。
 ヒュートランだってルミナス編では「エミリィ」という仮の名があるのにな。
 本編に戻れば、てっきり「ワスチャ」になるんだと思ってたなあ。

 そして、ついに、トリハロンの子孫かと推測される人が登場!
 ちゃあの後輩ジーク。

 さて、誰が誰にプロポーズして「びっくり」なのか……

 そして、ヒュートランのアホさ加減には大笑いしました。
 なぜそこで、わざわざ算盤を使うかね。演算機能なら10分で終わるらしいのに。
 足がつって手が固まるまで算盤を弾くバランシェ最高傑作ファティマ……
 マゾすぎるわ。

 雪乃丞さんも元気に再登場。
 まさかのちゃあと意気投合……それはいいけれど、預かり屋での経理を15年も放ったままだなんて、ちょっと信じられないよ(笑)。

 そう言えばムグミカさんの衣装が変わっていましたな。
 ちょっとアラブっぽいと思った。
 ファティマスタイルの名称が「チグリス」だの「ユーフラテス」だのと変わっているから、中東っぽいのかな?

 しかし、今回の改変は「またどうしたの、このドイツ語萌えは?」と思わずにいられない。
 ほんのちょっとだけ単語を知っているせいで(文法は知らん)ブラウ=青とか、そういうのは分かるんだけど、造語が全体的にドイツ語っぽくなっているような……?
 LEDミラージュ=ツァラストラ・アプターブリンガーだったっけ?
「ぶ」と「ぷ」の区別がつかない。

 あ、書くのを忘れていた。
 ログナーの正体も、実にあっさり暴露(笑)。
 まあ、12巻まで読んでいたら誰でも分かっていたことですが…… 


 デザインズ4は秋に刊行予定らしいが、8月発売の雑誌上でも見かけない発売日。
 秋と言ってもそりゃあ、10月も11月も秋だとも言えるしなあ。
 そして、予定通り発売されるとは多分誰も思っていない……

 ところでショウメって、やっぱりこの↓ショーメなんでしょうか。
 だとしたら、大幅に名称変更した割には相変わらずだなあと思ってしまう(笑)。




関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年08月10日 14:22 ] カテゴリ:FSS(永野護) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
カウンター