読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  FSS(永野護) >  私はあなただけのサクリファイス(NT 2013年10月号)

私はあなただけのサクリファイス(NT 2013年10月号)

 驚愕の展開。
 ついにメヨーヨ大帝までズッコケキャラに……
 ギャグキャラ化=FSSでは大出世なのでおめでとうと言うべきなのか。

「踊り足りない この町じゃ」
 あの怪しいクラーケンベールはどこに行ってしまったの?
 いや、いいけどね相変わらず美形だし……



 ジーク……やっぱりトリハロンの癖を受け継いでる……

 ジークは「バルバロッサ大帝」である可能性が高いので、トリハロンからまっすぐ繋がる子孫ではないと思うんですけど、たとえばトリハロンの姉妹とか従姉妹とか、トリハロンの血族がボットバルト時代にバルバロッサ家に嫁いでいたとしたら……?

FSS1.jpg


 今月号見て「あら!?」と気づいたこと。
 帽子脱いだらジークってトリハロンと髪型がほぼ同じじゃん!
 まあ、現時点ではレーダー9(=黒髪マント男とは限らないんだけど)最有力候補だもんね。
 ダイ・グも回想シーンとは言えやっと登場したし(推測)、まあよかったよかった。

 ジーク母がクリスに似てるような気がするけど、あれは「盛ってる」からそう見えるだけなんだろうか? マドラと同じような狂気を感じるなあ、母ちゃん。
「私、あなただけのサクリファイスなの」

 この人がフィルモア帝国のカーテンの最奥にいるという「サクリファイス」なのか?

 それにしても、プロムフィルターを外したらけっこう驚く事実ですよね。

 ヨーンがエストの魔性にとらわれていることをちゃあは知っているし、ちゃあはヨーンが騎士であることも、ヨーンはちゃあが騎士であることも互いに知っているわけだ。
 今月号だけ見ると、ちゃあが本気でヨーンに恋していると読めるんだけど、これはフェイクなのかマジなのか。桜子がいることを知っているのに?
 かなり重要なポイントだよね、ちゃあがヨーンを好きだとしたら……
 はじめて声をかけてくれた大事な先輩だからって、ただ友情とか後輩としての思慕だけで、戦ったこともないGTMを持って戦場に出ようとするだろうか? いやない。(反語)

 まあ、12巻までは確かに理由が曖昧ではあった。
「お家のためにがんばるぞ」としか書かれてなかったけど、それまでの経緯を考えたら重責を嫌がってコーダンテ家を出たちゃあが、いきなり家のために参戦と言われても「?」とは思ったからなあ……


FSS2.jpg


 大帝、いきなり何を言い出すんだ。
 普通に女好きだったのか?(笑)


FSS3.jpg


 戦場には出ても、やっぱり王女としての務めはちゃあには重すぎるようです。
 しかしストラップひとつで他国と友好を結んでしまうというのは、これはまた反則みたいな子だな。ルミナスのずっこけと同じだな(笑)。

 ベリンのうどんはハスハ名物になっているのか……
 壮大すぎる仕込みだ。

 ジークと母ちゃんの間には、過去になにか重い出来事でもあったのだろうかと思わせる。
「お母さん変わりましたね 今のお母さん好きです」というジークのセリフは、「昔のお母さんはそんなんじゃなかった 昔は好きになれなかった」とも読めるし。

 サクリファイスという務めゆえか、マドラのような殺人狂だったのかは不明だけど、残忍一筋の女で何か致命的なことをやらかして、ジークが嫌気をさして家を出てった……と読めるんだよな。
 今月号の親子の会話。
 
 それにしても、まさか今までが本編じゃなかったというのも驚愕の展開ですけれど(今までプロムは連載最後に出てくるパートでしたからね)、次号から本格的に始まるらしいです。
 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年09月09日 14:44 ] カテゴリ:FSS(永野護) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
カウンター