読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  少女マンガ >  「受け入れるから運命 受け入れなければ呪い」QUO VADIS 13巻

「受け入れるから運命 受け入れなければ呪い」QUO VADIS 13巻

 教授がほとんど寝ている13巻です。



 ソフィアの言葉が実にいい。
 ここまでの境地の至ることができればなあ……

「受け入れるから運命だ 受け入れなければ呪いだ」

 それはともかく、イエスの体はオーディンたちと同じように不老で、シールドスキンやら何やらを使っているのだから病気にもかかりようのない体のはず。
 ウィルスが個々の体の中でいろんな変化を遂げるように、イエスにはイエス独自の変化があるってことだろうか。それにしても、今にも死にそうなリアクションが謎。
 人類の罪をその一身に引き受けているというのなら分かるけど……

 しかし実際のところ、神なんていないというのはそれほど驚愕すべき言葉じゃないと思う。
 イエス本人が言うから衝撃的なのかもしれないけど、イエスが言うからこそ真実味もある訳だ。
「やっぱりそうだよね」って感じで。

 神というのは、理不尽な運命に耐えられない人間が、それでも何とか生きていけるように――運命に納得できるように創作した存在……だと思うしなあ。
 そもそもイエスだって神本人じゃないですし。
 イエスもブッダも、教祖ではあるけれど神ではない。
 人々に説く力を持っていた彼らは、「器」なのだと思う。 

 コーリング教授は、触れただけで記憶を見ることができるようになってしまったのかな。
 でも以前から「血が教えてくれるのよ」って、ジャンの記憶を視ていたよね。

 バートリー夫人がアテナやヴァチカンを敵に回すとは思えないけれど、でも、生殺与奪の権利をヴァチカンに握られているというノードン卿の指摘にどう反応するのか。
 あの三人の子たちを羊にしないために、ノードン卿と敢えて手を組むっていう展開もあるのだろうか?

 具体的に何をするつもりなんだろうか、ノードン卿は。
 ウィルステロは十中八九、彼らの仕業だろうけど、それにしてはイエスが「最後の審判が始まったよ」と、テロの事前承諾済みたいなことを言っている。

 ノードン卿は未来メンバーのモブ顔の一人にちょっと似ているような気がしてたんだけど、教授、オーディン、ジョシュア以外はカプセルの中で息絶えた……というのが本当なら、それもあり得ない。
 でも、シド=ノードンも考えづらい……

 そろそろ終息の気配が見えてもいい頃だと思うんだけど、毎度毎度増えていくんだよね、謎が。
 頼むから20巻以上にはならないで下さい……
 現在の13巻でさえも予想外の長さだからなあ。






 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年09月25日 17:59 ] カテゴリ:少女マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
カウンター