読んで読まれてマンガ日記 FC2版 TOP  >  少年・青年マンガ >  それだけは避けたい(アオイホノオ 第六話感想)

それだけは避けたい(アオイホノオ 第六話感想)

 EDのメッセージがすごかったけど、4巻以降読んでない私はなぜ小池一夫がメッセージくれるのかが分からなかった。
 4巻以降の作中で(高橋留美子やかわいそうなあだち充のように)いじったことがあるのだろうか?



アオイホノオ Blu-ray BOX(5枚組)アオイホノオ Blu-ray BOX(5枚組)
(2014/11/19)
柳楽優弥、山本美月 他

商品詳細を見る



アオイホノオ DVD BOX(5枚組)アオイホノオ DVD BOX(5枚組)
(2014/11/19)
柳楽優弥、山本美月 他

商品詳細を見る




 マンガでもずっと「詭弁とへらず口ばっかりで実行しない」ホノオ君ですが、実写で見ると本当に突っ込みどころ満載で困ってしまう。
「早く行動しろよ」
「うだうだ言ってる間にマンガ描けよ」
「対抗意識は人一倍なのに実行力がほとんどゼロ」みたいな……

 アオイホノオのドラマ公式サイトで、岡田さんのスペシャルコンテンツがあるのですが(毎週金曜日深夜、関東圏での放送終了後にすぐ更新されます)、そこでもよく見るのが「ホノオが気づくべきは自分と庵野の作業時間の差」などという説明です。

 アニメに関してはもともと天性があったにしても、庵野は実際、ずっと描き続けていますよね。(どこまでフィクションなのか事実なのかは分からないけど)
 それに対して、ホノオは屁理屈を並べて結局何もしていない。
 そりゃあ、差があるに決まっている。そしてその差が埋まらないのも当たり前。

 アオイホノオ 公式サイト
 だまされるな! アオイホノオ11のひみつ

 持ち込みをして初めて、自分のマンガが箸にも棒にも引っかからないと気づいて絶賛落ち込み中。その気持ちは分かるし、同じ大学、同じ学科に才能ある人がいたら対抗意識も出るわな、とは思う。
 何というか本当に、若さゆえのあやまちっていうか。(ガンダム知らないけど……)

 久々に浦井ヤノケンが出て嬉しかったけど、浦井くんはこの先どこへ行くのだろうか……
 いや、私はルドルフしか知らないもんだから……
(EDの矢野コメントにも笑った)

 それにしても、私はあだち充作品を全然知らないんだけど、今回のアフレコ劇場にはホノオと同じ感想を抱いてしまいました……
 いや、野球が付属している青春マンガだと思えばいいんでしょうけどね。
 あれをちゃんとした野球マンガとして読んでいたらそりゃあ、あんな展開で試合に負けて「線路は続くよどこまでも――」なんて〆られたら、発狂するわ(笑)。

 しかしその反面、あれがリアリティーってものかもしれないなと思ったりする。
 野球マンガだからって魔球とか出てこなくてもいいんだしさ。
……やっぱりカテゴリーとしては野球マンガじゃなくて青春マンガじゃないのか? ホノオ君。

 そして、こんな破天荒なマンガドラマのEDなのに、不思議と合っている曲。
 歌詞もちょっと意識しているのかな。タイトルまで「蒼い星」だし。

 PV、ひと昔前のCoccoちゃんみたいな匂いがする。
 あらまあ、ビクターかよ。







漫画・コミック ブログランキングへ

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年08月26日 22:26 ] カテゴリ:少年・青年マンガ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

小林りり子

Author:小林りり子
マンガ大好き小林りり子の感想日記。

メールフォーム
最新トラックバック
定番おすすめ商品
ショッピング&お小遣い


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

検索フォーム
カウンター